■プロフィール■

ゅぅのん

Author:ゅぅのん
30歳独身子持ち。
何年か前からずっと言っていたことが実現しましたヽ(*´∀`)ノ

「こどもはほしいけど、だんなはいらないなー」

カッコつけてなんとなくいつも言ってた言葉でした…。

一見悪く見えるその出来事は、
未来の最善につながっています。

今日は昨日よりハッピー♪
明日はもっとハッピー♪
今まで見落としていた幸せを
たくさん拾って生きてます。

(人´∀`).☆人生最高.。.:*・゚



■愛の手を■

クリックで救える命がある。

■メールフォーム■

名前:
メール:
件名:
本文:


■読書ノススメ■


■ヤフオク■


■最新記事■


■最新コメント■


■最新トラックバック■


カテゴリ


月別アーカイブ


カウンター


■ 今日の名言 ■


たいていの人は、なろうと決意した分だけ幸せになれる。    by エイブラハム・リンカーン



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠る前に、「無」を想像しては怖かった頃、
自分の中である仮説をたてて楽しんでいましたヽ(*´∀`)ノ


もしかしたらこの地球は誰かが観察してるんではないか?という仮説です☆
当時、潜在意識について全く知らなかったのですが、
今思い返すとおもしろいので、記しておきます♪


透明の容器でアリの観察ができるキットがありますよね?
あんな感じで地球上のことを細部まで全て把握できる「何か」が、
常にわたしたちを見てるのではないかと考えたのです☆


例えば人間が、10匹のアリを観察していたとします♪
確率的には、1匹ずつ名前をつけて、
それぞれのアリを見分けることができる人のほうが少ないですよね?
だから、観察中に2匹のアリがケンカを始めても、
「おー、やっとるやっとる」と自然にまかせるだろうし、仲裁もしないと思う。
きっとすごく平等に見るだろうし、エサを運ぶ手伝いをしたり、
巣を掘る手伝いもしないと思う。少なくともあたしなら☆
そのかわり、見守ると思うんですね♪


そんな風に地球を観察している何かがいるんではないか?と思ったんですね♪
でも、その「何か」は直接手を貸してくれることは絶対にない。
わたしたちや、山や海をコマのように動かすことはできるけれどしない。
していたら、今の地球に問題なんてないはずですからね☆


ただただ平等に見守る。
人間たちが自分で気付くように。
「愚かさ」「傲慢さ」に気付くように。
「愛」を知るように。
ただただ見守る。


そして、必ず平等に「直感」という形でヒントをくれているんではないかと♪
「何となく」を信じて救われた人は数多くいると思いますし☆


たいがいの人はせっかくの直感を「思考」で潰してしまいます。
例えば、仕事に関するアイデアがふと閃いたとき、
「自分にはそんなことできるわけがない」「うまくいくはずがない」などなど、
言い訳を付けて潰してしまっています。


誰にでも平等にヒントを与えてくれるこの「何か」を、
人は、「神」と呼んだり「潜在意識」と呼んだりするんではないでしょうか?


アリの巣の観察のように、わたしたちも観察されているのではないか?
というのは、わたしの仮説であり想像なのですが、
この「何か」のように、簡単に手を貸すのではなく、
的確なヒントを与えられるような、そんな人になりたいですね☆


子育て中のママさんパパさんは
ついついすぐ、こどもに手を貸しちゃうと思うのですが、
「こうすると上手くいくかもよ」というヒントを与えながら、
出来るのを見守ってみるのもいいと思います♪


となると、「見守る」というのは究極の「信頼」であり、
「愛」なのかもしれませんねヽ(*´∀`)ノ








ポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
いつもありがとうございますヽ(*´∀`)ノ
人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ





(人´∀`).☆人生最高.。.:*・゚

スポンサーサイト

コメント

■ 

こんばんは。アリの話おもしろいです。見守られているのですね。
「親」って言う字は、木の上に立って見ることだって、その昔、金八先生が言っていましたが(古っ・・・)、見守るって大切ですよね。手を貸さないことで、失敗するかもしれないけれど、そこから、学んでいく。そう思うと、私たちも「何か」から見守られていて、直接、手は貸してもらえなくても、(=すべてが上手くいかなくても)、失敗も大切な経験のひとつとして、与えられているのかもしれませんね。そう考えると、すべてOKなんだ・・・という気になってきます。これを書いているときも、上から見られている(見守られている)気がしてきました。大きな気づきをいただき、ありがとうございます。

■ No title

こんばんわ。

自分もそういう仮説のようなことをすごく考えちゃいます。
自分はですねー…
「宇宙」って水槽か何かの中にあるもので
地球とか月とか太陽とかよりも何倍も大きい人間のような生き物が
ただ観賞用に窓辺にでも置かれているものなんじゃないかなって。
それで、そのとても大きい人間のような生き物が暮らしてる世界
こそが本物の世界であって、人間なんてプランクトンみたいな
微生物。もしくはそれ以下の顕微鏡でも見えないほどの生き物。
本当の世界はこっちの世界よりも時間の流れがとっても遅くて…
それでも、いつかは水槽の水換えをするようにザバーっと
流されてしまうんじゃないのかなぁ…なんて(^^;

ゅぅのんさんが考えてることと、ほとんど同じですね;
失礼しました(..;)

■ そばゆうサマ☆


コメントありがとうございます☆

金八先生はほんとサラっと深いこと言ってくれますねぇ!!
(古さがわかるわたしも古いですねw)

そばゆうさんのおっしゃる、失敗も大切な経験のひとつとして・・・
ってまさにそうですよね!
それは長い目で見たら成功の一部ですもんねヽ(*´∀`)ノ

平等に見守られていると思うと心強いし、あったかい気持ちになりますね♪

そばゆうさんのコメントのおかげで
すべてOKな寛大な自分になりたいなという目標が持てました☆
こちらこそありがとうございます♪


■ しゆぅ☆サマ☆

コメントありがとうございます☆

こういった仮説はみんな言わないだけで、
こっそり考えちゃってるんですかねヽ(*´∀`)ノ
しゆぅ☆さんの仮説もすごく好きです^^
最後にザバーはなるべくなしの方向でお願いしたいですがw

ほんとに誰かがわたしたちを見ているなら、
その誰かを「おっ!」と思わせてやりたいですね☆
人間すげーって思わせてみたい♪
プランクトンは単体では小さいですが、
団結すると、赤潮みたいに主張できます☆
良い意味での人類の団結を望みますが♪

しゆぅ☆サンへの返信を書いていて、
1人で生きてるんじゃないんだなーと思わされました!!

ありがとうございます♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://senzaiisikidehappy.blog71.fc2.com/tb.php/27-333050a2

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。